商品パッケージデザイン制作・ラベルデザイン制作のご依頼はPACK LABO™

ブランド力を高めるパッケージデザインを─

プロのデザイナーにネットでカンタン発注。商品の顔つき、まるっとクリエイティブ。

モノがあふれるこの時代で、たったひとつの商品を手に取っていただくために、PACK LABOは「商品の顔つき」をパッケージデザインという手法でご提案します。個性的・デザイン性の高いパッケージで、自らモノ言う商品の実現をサポートします。

 

制作依頼・お問合せ

 

PACK LABOにデザインを依頼するメリット

パッケージデザインの重要性

パッケージデザインは、商品の最後の広告

商品を「買いたい」「使ってみたい」と思っていただくためには、顧客がワクワクし、商品の価値を自ら伝えるパッケージでなくてはいけません。PACK LABOは、売れる商品の仕組み作りに着目して、作り手のこだわりや商品の価値を伝える「戦略的なプロダクト」づくりを目指しています。広告制作の考えに基づいたプロによるオリジナルデザインで、競合する製品との差別化・ブランディングをお手伝いたします。

着火グッズのmini版パッケージデザイン1

本当に良い商品を、デザインの力で世の中へ

どんなに優れた商品でも、使ってもらわなくては、その価値は伝わりません。たとえば起業したての会社や、小規模ビジネスでは、商品の開発に追われるばかりで、プロモーションやパッケージデザインにまで思うようにコストをかけられないことも。
せっかくの傑作も、成功の日の目を見ないこともあります。わたしたちは、そんな優れた商品が市場に埋もれてしまうことを、デザインで解決したいと思っています。

 

WORKS

デザイン提案・制作実積

パッケージデザイン・ラベルデザインの制作実績を一部紹介しています。

さらにパッケージデザインの制作事例を見る

PRICE

ラベル・パッケージデザイン制作料金

冷蔵庫鮮度保持剤のパッケージデザイン2

パッケージデザイナーが、確かな品質で制作致します。

パッケージデザイナーとして設計等にも造詣のあるデザイナーがプロフェッショナルなパッケージデザインの制作を行います。品質は勿論、他の制作会社よりも圧倒的なロープライスで提供致します。

ハイクオリティーなラベル・パッケージデザインを、リーズナブルにご提供致します。
※ご依頼内容によっては通常よりも多く納期を頂戴する場合がございます。

追加案の提案、イラストレーターによるオリジナルイラストの描き起こし、カメラマンによる商品撮影等が必要な場合は、別途費用が発生いたします。表示は基準価格になりますので、デザインのご要望などによって変動する場合があります。

クレジット支払い(PayPal)対応
銀行振り込みの他、各種クレジットカードでのお支払いにも対応しています。

商品パッケージデザイン制作料金 (ベーシックプラン)

2種類のバリエーションデザインを提案いたします。

ラベル / パッケージ形状・材質価格
ラベルデザイン制作料金小型サイズ¥27,000〜
大型サイズ¥38,000〜
パッケージデザイン制作料金箱型パッケージ(小)¥65,000〜
箱型パッケージ(大)¥75,000〜
フィルムパッケージ¥45,000〜
紙袋・ポリ袋¥38,000〜
¥58,000〜

 

商品パッケージデザイン制作料金 (アドバンスプラン)

3種類のバリエーションデザインを提案いたします。

ラベル / パッケージ形状・材質価格
ラベルデザイン制作料金小型サイズ¥37,000〜
大型サイズ¥48,000〜
パッケージデザイン制作料金箱型パッケージ(小)¥81,000〜
箱型パッケージ(大)¥94,000〜
フィルムパッケージ¥56,000〜
紙袋・ポリ袋¥48,000〜
¥78,000〜

箱型(小):高×幅×奥行の合計が25㎝程度、又はそれ以下。
箱型(大):高×幅×奥行の合計が60㎝程度、又はそれ以下。

良いパッケージデザインの3つの条件

「ジャケ買い」という言葉をご存知でしょうか?CDやDVD、本など主にメディア商品に対して使われる言葉ですが、そのメディアの内容をまったく知らない状態で、表紙やジャケットのデザインだけに惹かれて購入することを総じて「ジャケ買い」「ジャケット買い」などと呼ばれています。そうしたジャケ買い現象は、何もメディア商品に限ったことではありません。例えば、ドラッグストアの陳列棚に並ぶ化粧水。今まで使ったことのある商品であれば、その効果や使用感はわかります。しかし、それ以外のものに関しては、メディアや友人知人から聞こえてきた評判、それすらない場合は、そこにある商品の見た目と価格で決めなければなりません。そんなとき、まず手に取るかどうかの選択条件に上がるのが、デザインの良し悪しではないでしょうか。

つい手に取ってしまうパッケージデザイン

買う・買わないに関わらず、素敵なデザインだから思わず手に取ってしまった、なんて経験を持つ方もたくさんいらっしゃると思います。それは、面白そうなおもちゃを手に取る子供ゴコロに良く似ています。「目を引く」ことは「興味の喚起」へと繋がります。私たちは無意識のうちに目から情報を得、その中から注意を払うべき対象物を見分けます。そして、そこから興味が芽生え、手に取りたいという欲求が生まれるのです。

どうすれば目を引くパッケージを作ることができるのか。それは、商品の特性を売り込みたいターゲットへ、他商品との差別化をもってアピールできるようなパッケージデザインを制作することです。それは単純なデザインという作業だけではない、個のブランドを意図した形で消費者へ認識させる「ブランディング」という作業なのです。

パッケージデザインのコンセプトとは、中にある商品本体をどのように宣伝したいのかということです。消費者にとって、パッケージデザインとは、その商品を購入する上で最後の接点になるものです。その商品のリピーターであったり、事前情報により、その商品をよく理解し購入意思がすでに決定している場合においては、それがお目当ての商品であることがわかれば済む話ですが、売り場に立ち、どの商品にしようか検討している段階においてパッケージデザインは購入への最後の砦といえるでしょう。

明確なコンセプトのデザイン

どのようにコンセプトを設定したら良いのか。それについては、前述した「ブランディング」の話になります。商品を売り出すためにはいくつもの段階があります。まずは商品の開発。そして、その商品を誰に向かって、どのような点に焦点をあててアピールしていくかを決定します。これがその商品を売り出していく上での「ブランドコンセプト」になります。そのコンセプトを軸に商品に名前をつけ、次にその商品名やブランド名のロゴマークが作られます。それをベースに、パッケージデザインやリーフレット、フライヤー、ポスターなど広告物が制作され、イベントやキャンペーン、web、CMなどの計画が立てられます。これらの商品を売り出す工程すべてを包括し「ブランディング」と呼びます。

そのブランディングの中で、パッケージデザインは商品との結びつきが深く、販売している現場はもちろん、さまざまな媒体でも商品本体とともにビジュアル展開される場合が多々あります。パッケージデザインのコンセプトとは、商品をどのようなイメージで露出してゆくのか、というところに行きつきます。それは、ブランドコンセプトとニアイコールでありながら、より消費者に訴えかけるものである必要があります。

例えば洗濯洗剤の場合なら、商品の特徴を伝えるデザイン的なイメージビジュアルも大切ですが、その洗剤を使うことでもたらされる利益「ベネフィット」をキャッチコピーとして具体的に伝えた方が店頭で商品を選ぶ際有益でしょう。

お酒や飲み物のラベルであれば、素材や味をキャッチコピーで伝えると同時に、その味をイメージさせるデザインも同じくらい重要になります。知名度のあるブランドから発売される香水や化粧品なら、そのブランドであることが明確にわかるロゴ表記と商品イメージをビジュアライズしたデザインが必要でしょう。

機能性を重視するべき商品は、商品特性がより伝わりやすくする情報優先型、味や香り、音や触感など、五感で受け取る商品は情報とイメージをバランスよく盛り込む必要があります。また、ブランドイメージが確立されている商品については、そのブランドイメージを利用しながら商品の特性を伝えるようなデザインが有効かもしれません。パッケージデザインは、ブランドコンセプトを踏襲しつつ、商品選択に必要な情報を網羅することで、購買につながる確率を引き上げることができます。

何を買おうか事前に目星をつけ売り場に出向いたのに、いざ売り場についてみたら見たことのない商品がある。ちょっと見た目もいいし、価格も手ごろ…こっちを買っちゃおうかな…なんて経験はありませんか?そう、パッケージデザインは逆転ホームランを狙える静かなるセールスマンでもあるのです。

競合他社との差別化

商品が店頭に並んでいるとき、多くの場合、他社の類似商品と肩を並べて陳列されることがほとんどです。その中で、消費者に手に取ってもらい購買までつなげるには、CMやキャンペーン、媒体広告、口コミ、SNS等さまざまな事前情報による誘因も大きな効果をもたらしますが、売り場において他社の商品と「見た目」で差別化を行うことで消費者の心変わりを誘発させることもできるのです。また、その逆も然り、心変わりさせないパッケージを作ることも可能です。

いずれも、競合他社の商品と比べ「違い」を意識させることが大切です。手に取ってもらいたいから「目立つ」為に「派手」なパッケージにすると良いのではないかと考えがちですが、消費者は「派手」だからモノを買うのでしょうか。答えはNOですね。確かに「派手」であれば目を引きますし、手には取ってみるかもしれません。しかし、そのまま購買に結びつく理由にはなりません。なぜなら、消費者は自分にとって利益をもたらすものを購入したいと考えているからです。

では、どのように「違い」を演出すれば良いのでしょう。

まずは、競合他社の商品を観察することです。どのような商品がどんなパッケージで売られているのか。その中で、自社の商品が他社のそれと比べどこがセールスポイントとなるかを洗い出し、そのセールスポイントをどのようにデザインで表現できるのかを検討する必要があります。パッケージの種類によっては、印刷する紙質や素材も検討してみるべきかもしれません。媒体での広告とは違い、売り場では実際見て触れて確かめることができます。手触りや厚み、透明感など色々な条件が加味されることも考えておくことをお奨めいたします。

パッケージデザインが美しいに越したことはありません。しかし、商品によっては設けられている常識が違いますし、他社のやっていない角度からのアプローチが有効である場合が往々にしてあります。既成概念に縛られず自由な発想での、商品の魅力が伝わるパッケージデザイン制作がこれからはますます必要になってくるでしょう。