パッケージデザインの料金相場について

難度や展開規模によって料金は全く違う

パッケージデザインの料金について

パッケージデザイン は食料や飲料、日用品や商品の包装、容器についてその特性やコンセプトに基づきグラフィックや形態をデザインすることを言います。グラフィックデザイナーが担当する場合が多いものですが、容器についてはプロダクトデザイナーが加わることもあります。

これらのデザインを依頼する場合には価格相場はどれぐらいするのかも気になるものです。発注する場合にはその大きさや形状も千差万別です。1点当たり数万円のものから数百万円のものまでありこれを手掛けるデザイン会社も百社以上あります。形状が最初から決まっているものやパッケージ形状から依頼する場合によっても大きく変わって来ます。

基準になるものとしてはパッケージの大きさと種類や工数、スケジュールや作業の難易度、デザイナーの水準などがあり、これらの基準を掛け合わせたものがパッケージデザインの制作料金に反映されます。従って、分野を検討した上で複数の会社に見積をとるというのも1つの方法になるでしょう。発注の打ち合わせから始まり、デザインの提案依頼を行い、その中からある案に決定するという流れになります。パッケージのデザインデータを提供する企業もあれば、製造まで一貫して行う企業も存在します。

 

パッケージを豪華にすれば、売価に跳ね返ってくる

豪華なパッケージデザインはコスト高

商品パッケージデザインには日用品から高級ブランド品まであり、発注する場合には購入者に対して、いつ・どこで・だれに・何を・どのように伝えたいのかを具体的に説明しておくことが大切です。つまり完成したときのイメージを明確にしておくことが重要です。その際には参考資料を持参して提示することもイメージに近いものにすることが出来ます。

発注者とデザイナー側の両者で完成イメージに違いができないようにすることが大切です。パッケージデザインに高級感を出すには、手の込んだデザインや装飾や特殊な加工を施す場合も出て来ます。中身が安物であっても手を抜くわけにもゆかず、中身とのバランス感覚も大切になります。パッケージデザインの印象の良し悪しで売り上げに影響を及ぼすことも十分に考えられるからです。しかし、凝ったデザインはコストとして売価に跳ねかえって来るということも十分理解しておく必要があります。

又、デザイン分野で受賞歴のあるデザイナーが手掛ける場合には依頼する際にもそれなりの価格設定になる場合もあります。会社によっては、パッケージデザインのサンプルや料金相場表も掲載されていますので色々な会社のWEBサイトを見てみましょう。

 


共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。


  1. TOP
  2. ブログ・コラム
  3. デザインコラム
  4. パッケージデザインの料金相場について