手に取りたくなるチョコレートのパッケージデザイン作成例

手に取りたくなるチョコレートのパッケージについて

つい手に取ってしまうチョコレートは、味やブランドだけでなく、パッケージに惹かれてしまうことも。「かわいい」や「オシャレ」といった要素は、食品であるチョコレートにも必要かもしれません。ひと目見たら忘れられなくなる、インパクトあるチョコレートのパッケージデザインを紹介します。

 

豊かな彩りで目移りがするパッケージデザイン作成例

 

View this post on Instagram

 

PackageInspirationさん(@packageinspiration)がシェアした投稿

カカオ70%を使用した苦味のあるチョコレートにもかかわらず、どれも優しくカラフルなものばかり。山を走る人が描かれた元気が出そうなオレンジや、海を思わせるヨットとブルー。柔らかなピンクやグリーンにクールなネイビーなど、味は同じでも、色から選ぶ楽しみがあります。ちょっと苦味が気になるヘルシーチョコも、こんなパッケージのものならば、他のチョコレートよりもおいしく味わうことができるかもしれません。

 

絵本のワンシーンみたいなパッケージデザイン

 

View this post on Instagram

 

PackageInspirationさん(@packageinspiration)がシェアした投稿

まるでおとぎ話一場面を描いたかのような、個性的なパッケージデザインです。絵本のように絵が主役であり、商品名などの文字は、ページに添えられた物語の一節のように。いったいどんな物語なのかを、想像しながら食べてみたいチョコレート。落ち着いたトーンでまとめられているため、子供だけでなく大人にも喜ばれそう。どこかノスタルジックな雰囲気に、思わず手にしてしまう大人も多くいるでしょう。

 

黒をベースにポップに見せたパッケージデザイン

 

View this post on Instagram

 

Archobaleno #chocolate Designed by: Dang Vo #brand #snack #sweet #candy #label #logo #packagedesign #packaging #design

PackageInspirationさん(@packageinspiration)がシェアした投稿 –


チョコレートにはめずらしい、真っ黒なベースを使用したパッケージデザインです。黒を使用しながらも、中央には白いドットでポップなイメージに。カラフルなフルーツを砕いたように配置して、より明るさを際立たせています。イラストのような甘酸っぱいフルーツが、ビターなチョコレートの中に散りばめられているのかもしれません。パッケージから味を想像し、思わず口にしたくなってしまう人もいるでしょう。

 

チョコレート商品はとっても数が多いだけに、いかに目立たせるのかも大切な要素に。ただ闇雲にカラーを使うよりも、ターゲットを選んだり味を伝えたりするために、どうすべきか考えることも必要でしょう。思わず手に取ってしまったチョコレートのパッケージデザインを、改めてじっくりと観察してみたくなります。


「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のパッケージデザインやラベルデザインをピックアップして紹介しています。荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

ラベル・パッケージデザインの依頼・制作料金について
ラベル・パッケージデザインの作成・提案事例へ



  1. TOP
  2. ブログ・コラム
  3. デザインインスピレーション
  4. 手に取りたくなるチョコレートのパッケージデザイン作成例