モノクロで統一されたシックなパッケージデザイン

モノクロで統一されたシックなパッケージデザインについて

店頭には様々な商品が並んでいて、パッケージも多種多様です。その中から見る人の目に留まり、手に取ってもらえるデザインを考える時、カラフルにすることも効果的ですが、思い切って白と黒だけを使うのも選択肢の一つです。今回は、モノクロで統一されたパッケージデザインを紹介します。

 

どんな料理にも合うドリンクのイメージをモノクロで表現

ドリンクの放送紙デザイン

こちらはオーストラリアのシドニーにあるレストラン「Iron Grill」のドリンクのパッケージデザインです。色を使わず、白と黒だけでどんなシーンにもどんな料理にも合うドリンクのイメージを表現しています。シックで落ち着いた雰囲気でゆったりと食事ができるお店の印象も落とし込まれているように感じられるデザインです。

 

入っている食べ物の美味しさを強調するパッケージデザイン

食べ物の美味しさを強調する各種パッケージ

こちらはチョコレートフォンデュのギフトセットのパッケージです。いろいろなフレーバーがありますが、パッケージの白と黒が中に入っているチョコレートの色を際立たせています。模様にも一つ一つこだわって、それぞれの違いを表現しています。セットになった時の見栄えも考慮して、全体的に白と黒の配分が同じくらいになるようにデザインされていて統一感があり素敵です。

 

まるでモダンアート作品のようなパッケージデザイン

石鹸のモノクロシックなパッケージデザイン

こちらはプレミアム石鹸のパッケージです。石鹸で洗った時にできる泡の跡を模様に使用した斬新なアイディアは、まるでモダンアートのよう。泡の跡の模様は石鹸の種類によって違い、見比べてみるのも楽しみの一つになりそうです。

 

クラフト紙に印刷されたモノクロのデザインがナチュラル感のあるパッケージ制作例

ナチュラルさのある商品パッケージ

こちらはインドの自然派コスメ「BIOTIQUE」のパッケージです。クラフト紙のような少し茶色がかった紙に印刷されているため、白黒のコントラストが和らぎ優しい雰囲気に変わり、商品そのもののナチュラル感が強調されています。モノクロであることが植物の花びらや葉の濃淡をより際立たせ、とても美しいパッケージに仕上がっています。

 

モノクロのパッケージは、たくさんの色に溢れた商品の中で静かながらも強い存在感を放っています。シンプルにも大胆にも変化する、実はとても多様性のあるモノクロデザイン、その可能性を追求してみるのもとても興味深いですね。


「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のパッケージデザインやラベルデザインをピックアップして紹介しています。荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

ラベル・パッケージデザインの依頼・制作料金について
ラベル・パッケージデザインの作成・提案事例へ



  1. TOP
  2. ブログ・コラム
  3. デザインインスピレーション
  4. モノクロで統一されたシックなパッケージデザイン