植物のシルエットが優美な印象をもたらすパッケージ制作例 -#004

デザインインスピレーション4

植物のモチーフは幅広い世代に人気の図柄です。中でも植物シルエット素材は背景として使いやすく、添えただけでパッと華やかな画面を作ってくれます。種類によって、バラなら高級感が、百合なら清楚な感じなど、それぞれの植物から伝わるメッセージもあり、特に女性的なパッケージにおすすめのデザイン要素です。植物のシルエットを用いたパッケージの中から、繊細な植物の影がナチュラルな美しさを伝えてくれるものをピックアップしてみました。配置や色合いも踏まえ、アイディアを詳しく見てみましょう。

 

ナチュラルな雰囲気をリアルかつ上品に仕上げたパッケージデザイン

モーブとブラック、くすんだピンクベージュが心地よい、シックな色合いのパッケージデザイン。草花のシルエットを水平視点で並べることで、あたかも野原にいるような開放感とともに草花の繊細さを印象づけてくれます。この商品(お茶)の購入層に好まれそうな色・フォント、ホワイトスペースの取り方は同じ購買層へのアプローチの参考になりそう。上品な華やかさがギフトに贈るのにもぴったりですね。

 

グラデーションを生かして制作したパッケージデザイン

箱のエッジ部分にまたがったイメージ要素は視覚的に立体的に捉えられるため、うまく活用することで奥行きを感じさせることができます。こちらのパッケージでは、グラデーションとその上に乗せた透け感のある植物シルエットが静かな奥行きを感じさせてくれます。ベタ一色のシルエットは時にエッジが効き過ぎることもままありますが、グラデーションでシルエットと色を馴染ませたことでシャープさを和らげた点にも注目です。

 

メインデザインのパーツをシルエットに

ココナッツ風味のお酒のパッケージ。南国らしいヤシの葉やモンステラの葉がメインラベルデザインにはもちろん、背景にもシルエットとしてレイアウトされています。葉自体の爽やかなラインとこっくりとした色彩は南国らしい開放的な雰囲気と自然な風合いが伝わってきますね。メインラベルで使用しているリアルな葉っぱや花のイメージをシルエットにして背景に活用することで全体的に統一感のあるパッケージデザインに仕上がっています。

 

シルエットはリアルさをそのままに影を切り取りシャープで力強い印象を与えてくれます。美しく「そのものらしい」形を活かすことはもちろん、エッジの強さの調整がシルエットパーツを使う際の一つのポイントになりそうです。色の強みをダイレクトに伝えられるシルエットの強みを生かしてデザインに取り入れていきたいですね。

 


「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のパッケージデザインやラベルデザインをピックアップして紹介しています。荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

ラベル・パッケージデザインの依頼・制作料金について
ラベル・パッケージデザインの作成・提案事例へ



  1. TOP
  2. ブログ・コラム
  3. デザインインスピレーション
  4. 植物のシルエットが優美な印象をもたらすパッケージ制作例 -#004