クラフトペーパーを使ったパッケージデザイン制作例 -#019

デザインインスピレーション19

クラフトペーパーは安価で丈夫な、身近なパッケージ素材です。日用品や食材を包装したり、段ボールなどの形で梱包に使用されるなど、包装材としてどこにでもあり利用する機会が特に多い素材ですね。漂白されていないクラフトペーパーのベージュに近い色味はナチュラルな雰囲気を醸し出してくれる一方、使い方によっては安物・粗雑な印象を与えてしまうことも。親しみやすく気軽に使えるクラフトペーパーのメリットを活かしたパッケージデザインをご紹介します。

 

白インクの文字が心地よい袋デザイン

シンプルなクラフトペーパーに、白で印字することで明るいナチュラルな風合いに。文字に堅めのセリフ体を採用することでニュースペーパーのようなきちんと感が伝わります。日常使いにぴったりの「気軽さ」「親しみやすさ」があるこちらの袋は幅広い客層に好感を持って受け入れられそう。

 

エスニックな文様がアクセントになったお茶のパッケージデザイン

Braizenさん(@getbraizen)がシェアした投稿

クラフトペーパーのパックに白のラベルを貼ったお馴染みのパッケージ。既成のパックにラベルを貼って製品化できる為、小ロットでも取り入れやすいデザインです。定番ということはそれだけ目新しさが目新しさがないと言う事。他の商品との差別化を小さなラベルの中でデザインする必要があります。こちらのパッケージはラインだけで構成されたエスニックな雰囲気のロゴが目を引きます。1色ながら大人っぽく、清潔感と柔らかさを感じる、特に女性に喜ばれそうなパッケージデザインです。

 

レトロな雰囲気にマッチするクラフトボックス

Iván Aguiarさん(@creative.ivan)がシェアした投稿

クラフトペーパーで作られたボックスパッケージ。紙の地色を活かしながら白インク・黒インクとそれぞれのメインカラーを配し、レトロでお洒落なデザインが施されています。クラフトペーパーのナチュラルなベージュをパッケージのカラーとして取り入れたのがポイントです。クラフトペーパーの表面には細かなパルプの繊維やわずかな凹凸など繊細なマチエールがあります。デザインする際は質感への配慮が必須になることでしょう。

クラフトペーパーのナチュラルな風合いは、ナチュラルな風合いを感じさせてくれるのはもちろん、緊張感のあるデザインにおいては気持ちを緩めてくれる暖かな風合いを与えてくれます。原料となった木の温もりを感じさせてくれるクラフトペーパーは自然への意識づけの効果もあるでしょう。逆に、工業製品や高級品の品質への信頼感を表現するのにはクラフトペーパーの持つゆとりや不規則な質感がマイナスなイメージにつながってしまうかもしれません。コンセプトを明確にして、素材の特徴を活かしたパッケージデザインが求められそうです。

 


「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のパッケージデザインやラベルデザインをピックアップして紹介しています。荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

ラベル・パッケージデザインの依頼・制作料金について
ラベル・パッケージデザインの作成・提案事例へ



  1. TOP
  2. ブログ・コラム
  3. デザインインスピレーション
  4. クラフトペーパーを使ったパッケージデザイン制作例 -#019