ボーダー・ストライプが目をひくパッケージデザイン -#026

ボーダー・ストライプが目をひくパッケージデザイン

ボーダー、ストライプなどの縞模様は日用品から衣服、建築現場まで非常によく見かけるパターンです。蛇足ですが、ストライプは縞模様全般を指す言葉です。縦縞にも横縞にも使われますが、日本では縦縞を指すことが多い言葉です。対してボーダーは日本でのみ使用される名称で、横縞を指すことが多いようです。等幅のストライプの他、シックシンストライプや複数色を用いたレジメンタルストライプ、グラデーションを思わせるカスケードストライプなど、ファッションの世界でも聞かれる様々な縞模様があります。ここではボーダーが遠目にもバッチリ目立つ縞模様がアクセントになっているインパクトのあるパッケージデザインを集めてみました。

 

ポップで楽しいお菓子のパッケージデザイン

お菓子のパッケージデザイン

円筒形のパッケージに入ったチップスは色々なメーカーから出ており、特に珍しいものではありません。その中で、こちらのパッケージデザインはパッと目を引く見た目と炎に見立てたカードで他の商品との差別化に成功しています。ビビッドカラーのバイアス模様と炎を模したカードは火のついたケーキのキャンドルのよう。パーティーのテーブルに並べたくなる、華やかで楽しさを感じるパッケージデザインに仕上げられています。

 

直角とバイアスストライプが生み出す立体感のあるデザイン

立体感のあるパッケージデザイン

ボールドカラーのマゼンタやパープルがまばゆいお菓子のパッケージデザイン。直角のエッジかに沿ってストライプの柄も折れ、幾何学的な立体感を強調しています。同じブランドシリーズで売り場に陳列するとさぞや目を引く光景になるでしょう。サイケデリックな色彩と直線が整然と並ぶ構成が美しいですね。視認性の高いストライプで遠くからでも見る人の目を惹きつける、強い引力を感じさせます。

 

柔らかさを感じる縞模様のパッケージ制作例

The Dielineさん(@thedieline)がシェアした投稿

クレープのように三角形の紙に包まれたチョコレート。柔らかな色彩の太い縞模様がパッケージの曲線に合わせて緩やかなカーブを描き、直線で構成された図柄ながらまろやかな優しさを感じさせます。ラベルはシンプルで余計な飾りはありませんが、色彩と形、柄だけで商品に特別感を持たせた全体のコーディネートが秀逸なパッケージデザインです。

 

縞模様は決まった幅の色面の繰り返しというシンプルなパターンのため、メインの柄として目立たせることはもちろん、薄く背景になじませることもでき使い勝手が良いのも魅力。イラストレーターの機能でもいくつかのストライプパターンが用意されていますが、困ったときに使えるパターンの一つとして把握しておくと役にたつかもしれません。

 


「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のパッケージデザインやラベルデザインをピックアップして紹介しています。荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

ラベル・パッケージデザインの依頼・制作料金について
ラベル・パッケージデザインの作成・提案事例へ



  1. TOP
  2. ブログ・コラム
  3. デザインインスピレーション
  4. ボーダー・ストライプが目をひくパッケージデザイン -#026