使う度に楽しくなりそうなアイディアが効いているパッケージ -#055

使う度に楽しくなりそうなアイディアが効いているパッケージ

使い心地の良さは商品の価値を決める重要なポイントの一つです。パッケージからの取り出しやすさや使いやすさは商品に求められるメインの機能ではなくとも、選択の際のポイントになりうるでしょう。ここではユーザーの使い心地に一味アイディアを捻ることでより使いやすく、より楽しく使えるようにあつらえられたパッケージデザインをご紹介します。

 

スライド式の蓋を持つパスタ容器

楽しくなりそうなアイディアが効いているパッケージ1

パスタを取り出す際、ちょうど良い量を取り出せることは料理をする人にとって嬉しいポイントになります。ちょっとだけ欲しい、あるいは一度にたくさん欲しい、と言った細かいニーズに応えるこちらのスライド式のふたを持つ容器は、見た目の美しさと使い勝手を両立します。ふた部分は緩やかなアールが特徴的で、ブランドイメージを形成します。立てて収納できること、様々な形状のパスタに応用しやすい点もポイントですね。

 

選ぶ楽しみを実装したパッケージ

楽しくなりそうなアイディアが効いているパッケージ2

たくさんの色を持つクレヨンやカラーペンは見ているだけでも楽しく、絵を描きながら色を選ぶ楽しみもあります。こうした棒状の画材は平たいケースに入れられて色が選びやすくなっているものが多いですが、横倒しの画材は場所を取りますし、指を引っ掛けるようにして取り出さなくてはならない場合があったりと、気にはならないけれども小さな手間がかかります。こちらのパッケージではこうした画材を立たせて並べられる穴が空いており、取り出しやすく見やすい、嬉しい工夫が施されています。お店で選ぶ際にはこの穴から中の商品が見え、商品を確認して買えることもポイントです。

 

振ってシェイクして飲んで筋肉に変える

Shumukhさん(@glomanesque)がシェアした投稿

プロテインというと筋肉をつけたい人に人気のアイテムですが、粉がなかなか水や牛乳に溶けないため、シェイカーで振って混ぜて飲むのが一般的なのだそうです。こちらのアイテムはそうしてシェイクする動きと、ダンベルを上げ下げする運動を同時にすることで、運動とプロテイン摂取を一度にまとめて行うことができます。筋トレを始めたいけれどあれこれ揃えるほどではないというビギナーや、グッズを増やしたくない人に喜ばれそうなアイディアです。

 

それぞれの商品の使用状況をコンセプトに組み込み、最終的なユーザーエクスペリエンスを向上させるこれらのパッケージ。ユーザーの顕在・潜在のニーズに寄り添うことで新たな商品価値を産んでいます。新しいアイディアはユニークさに繋がり、他社との差別化に貢献することでしょう。ユーザーの快適さ、楽しさに貢献できるこうした仕組みはデザインの本領とも言えるものでしょう。どんなパッケージデザインにおいても要となるポイントを示してくれます。


「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のパッケージデザインやラベルデザインをピックアップして紹介しています。荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

ラベル・パッケージデザインの依頼・制作料金について
ラベル・パッケージデザインの作成・提案事例へ



  1. TOP
  2. ブログ・コラム
  3. デザインインスピレーション
  4. 使う度に楽しくなりそうなアイディアが効いているパッケージ -#055