折りなどの加工で利便性を向上させるパッケージデザインのアイディア -#065

折りなどの加工で利便性を向上させるパッケージデザインのアイディア

紙やフィルムなど薄い素材は平面的な表現はもちろん、加工によって立体としての表現が可能です。折ることで強度を増したり、伸縮性を手に入れたりと、用途によってその可能性は様々。面白い形自体が洗練されたデザインとして評価を得るものもあるでしょう。ここでは見た目にも美しく、使い勝手をサポートする機能的なパッケージアイディアをご紹介します。

 

美しくボトルを守る包み

利便性を向上させるパッケージデザイン1

クオーツシャンパンと名付けられたボトルのパッケージアイディア。紙にダイアモンドパターンの折り目を施すことで立体的な構造による強度を確保しつつ、見た目の美しさも演出しています。幾何学的な図形の繰り返しはシンプルで硬質な魅力があります。ラベルもこのダイアモンド型に合わせてカットされることで全体に統一感を持たせつつアクセントとして機能していますね。

 

三角形のパッケージを開ける楽しみ

利便性を向上させるパッケージデザイン2

薄い三角柱の箱に入ったサラダサンドのパッケージデザインアイディア。見た目にもユニークな形状ですが、真ん中からパクリと開けると三つのサラダサンドが取り出せる仕組みも驚きです。ぱかっと開ける動作自体が楽しく、開けた後にテーブルの上に立てておいた花のような見た目は他に無いデザインと言って良いでしょう。

 

蛇腹のチューブが食べ物を包む機能性と楽しさを両立したアイディア

利便性を向上させるパッケージデザイン3

カラフルなポリチューブに包まれた美味しそうなサンド。ジャバラ加工されているため、食べ進めるに従ってパッケージを短く畳むことで楽に食べることができます。紙よりも水・油に強い素材であることもポイントですね。表面にあしらわれた記号をよく見ると、魚や鳥など使っている素材を表現しており、遊び心のあるデザインがカジュアルで気軽に食べられる雰囲気を演出してくれます。

 

強度を高めたり、折りたたむことで機能性を確保したりと折りの加工によってもたらされる作用は様々。また、折り自体をグラフィック要素として捉えることで、幾何学的なパターンやストライプなどとして生かすことも可能です。パッケージの持つ機能を見てわかりやすいようデザインに取り込むことで、理知的で楽しいアイテムとして付加価値を持たせることができることでしょう。


「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のパッケージデザインやラベルデザインをピックアップして紹介しています。荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

ラベル・パッケージデザインの依頼・制作料金について
ラベル・パッケージデザインの作成・提案事例へ



  1. TOP
  2. ブログ・コラム
  3. デザインインスピレーション
  4. 折りなどの加工で利便性を向上させるパッケージデザインのアイディア -#065