鳥をモチーフにしたボトルデザイン作成例 -#080

鳥をモチーフにしたボトルデザイン

鳥は世界中で古くから意匠にされてきたモチーフです。しかしながらその扱われ方は様々で、「神の使い」として凛とした厳かな姿で描かれることもあれば、可愛らしい小鳥としてファンシーなモチーフにされることもあります。鳥の種類や色合いによっても与える印象は様々です。大空を翔る鳥たちは「自由」や「自然」を連想させます。そんな鳥たちがアクセントになっているパッケージデザインをご紹介します。

 

きらめきの中に力強さを感じさせる鷲のボトルデザイン

高い山を背景にあたりを伺う鷲が描かれたウォッカのボトル。凛々しく勇ましいその姿は力強い印象を与えてくれます。黒・白・透明にアクセントのゴールドが加わることで硬質で際立った陰影の世界観が広がりますね。縦方向に強調された細身のボトルも、「尖った」個性をもつ商品であることを伝えてくれます。

 

折り紙のようなアイコンが可愛らしいボトルラベルデザイン

ボトルラベルデザイン

Birdyという名前の通り、鳥が描かれたオリーブオイルのボトル。折り紙で形作られたような形を持つ鳥たちはアイコンとしてアクセントになっています。よく見てみると、それぞれのボトルサイズで、描かれた鳥の数と、種類が違うようです。小鳥に見える形、水鳥に見える形、とほんの些細な形の違いながらどんな鳥なのか連想させてくれるディテールへの気遣いがお見事です。

 

細やかな描写が美しい花鳥画のラベルデザイン

二色で描かれた繊細な描線が美しい花鳥画があしらわれたラベル。ふくろうやキジの仲間など、様々な種類の鳥たちからそれぞれのボトルに一羽ずつ描かれます。鳥と周囲の草花にモチーフを絞って描く画題は日本的です。それぞれの絵の背景の中心に円をあしらったことも日本らしい雰囲気づくりに一役買っているでしょうか。自然のモチーフながら気品を感じさせてくれるラベルデザインです。

 

鳥には様々なイメージが連想されます。先に述べた「自由」「自然」以外にも、「賢さ」があり、逆に「軽薄さ」の例えに出されることも。「上品」に見せることもあれば、見せ方によって「低俗な」ものにもなります。こうしたイメージの幅広さは、諺や慣用句にも見られます。鳥をモチーフに添える際は、描き方はもちろん、鳥の種類やそれから感じられるキーワードなども考えながらデザインする必要がありそうです。


「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のパッケージデザインやラベルデザインをピックアップして紹介しています。荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

ラベル・パッケージデザインの依頼・制作料金について
ラベル・パッケージデザインの作成・提案事例へ



  1. TOP
  2. ブログ・コラム
  3. デザインインスピレーション
  4. 鳥をモチーフにしたボトルデザイン作成例 -#080