すりガラスのような半透明の表現が美しいボトル・パッケージデザイン -#081

半透明の表現が美しいボトル・パッケージ

ガラスやフィルムなど透明素材、また和紙や乳白色の樹脂を使ったパッケージデザインでは、半透明の表現が可能です。透明な素材に関してはサンドブラスト加工のように表面に傷をつけてすりガラスにしたり、透明な塗料を吹き付けてすりガラスのような見た目を再現したり、あるいはすりガラス調のフィルムを貼る方法などがあります。もともと半透明の素材を用いたり、半透明に加工した部分を作ることで、印刷ではできない柔らかな表現が可能です。ここでは半透明の調子が美しいパッケージを紹介します。

 

線画が浮かび上がるパッケージ制作例

線画が浮かび上がるパッケージ

ぽってりとした丸みを帯びた瓶。すりガラスの部分にはシンプルな線で描かれたイラストが浮かび上がります。すりガラスとそうでない部分のコントラストは抑えめで、繊細です。派手な表現はできませんが、シックで上品な雰囲気が伝わります。それぞれのアルコールの液体の色を美しく見せてくれるのもポイントです。

 

透明・半透明・印刷をうまく配置した幻想的なパッケージデザイン

幻想的なパッケージデザイン

ハンドウォッシュなど身近な洗剤のボトル。透明な「7」の形の窓から向こう側には自然の植物の写真が見えます。すりガラスの部分を通して見える背景はぼかされ幻想的です。シャープさと曖昧さが描くコントラストが秀逸です。中に入っている洗剤自体の透明感も、商品の特徴としてアピールできます。ぼかすことで透明感を強調した秀逸なパッケージデザインです。

 

明かりを灯したような蜂蜜のパッケージデザイン

蜂蜜のパッケージデザイン

蜂蜜のパッケージ。形自体は良くある牛乳パック型のパッケージですが、中身の色がうっすらと伺えます。乳白の半透明の素材で作られているようです。蜂蜜自体が持つ暖かく美しい色味がまるで内側から光っているかのように見えます。外箱自体には文字のみで、余計な装飾がないのもより色味を引き立たせて見せているポイントと言えるでしょう。中を開けた時に見える蜂蜜の持つ琥珀のような素敵な色合いは開けた人に感動を与えてくれそうです。

 

不透明と透明の中間に当たる半透明の表現は、単なる背景として、またはインクに代わる新しい色面として使うことができます。中身をほのめかすことでワクワクさせる効果を生み出したり、奥行きの表現としてぼかしに使っても、インクではできないインパクトを与えてくれるでしょう。半面、どのような技術や加工法でそれを実装するのかを知識として知っておくことや実際の製造現場との折衝が必要になります。サンドブラストで可能な線の細さの限界や、半透明のペーパーの接着方法など、実際にどのように作るかを現場と力を合わせて検討することになります。


「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のパッケージデザインやラベルデザインをピックアップして紹介しています。荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

ラベル・パッケージデザインの依頼・制作料金について
ラベル・パッケージデザインの作成・提案事例へ



  1. TOP
  2. ブログ・コラム
  3. デザインインスピレーション
  4. すりガラスのような半透明の表現が美しいボトル・パッケージデザイン -#081