白が活きるシンプルなパッケージデザイン作成例 -#094

白が活きるシンプルなパッケージ

白は非常に汎用的で、かつ特徴的な色です。汎用的というのは、CMYKのプロセスカラー印刷をはじめ、色域の表現のベースに使われるのが白だということや、他のどんな色とでも調和の取りやすい無彩色であることなど、あらゆる色との関係性が安定している点です。それでいて、「清潔」「無垢」など他の色にはない印象をもたらす唯一の色として特徴的です。使いやすい反面、ありふれたものになりすぎないよう神経を使う色でもあります。ここでは白を活かしたパッケージデザインをご紹介します。

 

白の背景に切り抜き写真を配置するデザイン

 

View this post on Instagram

 

Beautiful Packagingさん(@beautifulpackaging)がシェアした投稿

写真の背景として、最もさっぱりとした印象を持たせるのが白です。最も明るい色でもあるため、切り抜き写真を載せると遠近感を失わせフラットな印象にすることもできます。このラベルでは、同じ形に盛られたそれぞれの商品を同じように切り抜くことでブランドとしての印象を強めつつ、それぞれの商品の個性をありのままの写真で見せています。

 

共通部分に白を使ったパッケージデザイン

 

View this post on Instagram

 

Lipi Ganatraさん(@theminimalco_)がシェアした投稿

こちらのネイルポリッシュは、共通のロゴ部分に白を使用しています。どんな色にもよく合う白だからこそ、それぞれのカラーを引き立てつつ邪魔にもならない、商品シリーズ共通のロゴに使うカラーとして適しています。

ロゴデザインの外注はLOGOLOヘ

 

白に浮かぶほのかな陰影が美しいパッケージ制作例

 

View this post on Instagram

 

Twine Branding & Design Ideas💡さん(@twineenterprise)がシェアした投稿

濾過を経ない、コクのある風味を謳うラガービールの缶。白い背景にわずかに施された垂直水平の線状の凹凸がわずかな陰影を与えています。シンプルさを際立たせるモノクロームのシンプルな配色。建物の一部のような、静けさを感じる見た目は存在感があります。

 

白は、とても身近で親しみを感じる一方、何物をも寄せ付けない孤高さも感じさせる不思議な色です。どんな色ともうまく組み合わせられ、逆にどんな色にも染まらないためアクセントにもなるでしょう。面積の比率を変えたり、シリーズのキーカラーにしたりと、様々な場面で活躍する色です。どんな使われ方があるのか、様々なパターンを見ておきたいですね。


「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のパッケージデザインやラベルデザインをピックアップして紹介しています。荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

ラベル・パッケージデザインの依頼・制作料金について
ラベル・パッケージデザインの作成・提案事例へ



  1. TOP
  2. ブログ・コラム
  3. デザインインスピレーション
  4. 白が活きるシンプルなパッケージデザイン作成例 -#094