フィルム包装パッケージが生んだ安心と安全について

パッケージの歴史 フィルム包装編

商品包装は、商品を販売するにあたって、さまざまな意味を持っているものです。もちろん、商品を周りの環境から守るということが大きな目的となっているといえます。それは、商品の質の低下を防ぐものであったり、質の良さを保つことにも直結してくるので、非常に重要な役割を持っているのです。

shopping_bag_rejibukuro

現代ではあたりまえになったフィルム包装ですが、このような包装が登場する以前は、紙製の袋であったり、紙箱であったりしたものです。商品が紙製のものに包装されている状態ですと、特に食品の場合には品質の低下にもつながってしまいますし、お店に陳列していて、知らない間にほこりが混入してしまったり、故意に誰かに開封されてしまったりといった可能性もありました。

過去には、特定のメーカーのお菓子に毒物が混入されるという事件が頻繁に発生し、大きな問題となりました。そこで、そういった事件を防ぐために、お菓子類にもフィルム包装がされるようになりました。商品包装は、そのような教訓をもとにして、進化してきたといえます。また同じような事件や事故が起きないように、熱心な商品開発が行われ、外部から針などが刺された場合には視覚的に判断しやすいようなフィルムが開発されたり、フィルム包装の技術は飛躍的に進化していきました。

kenkyu_man

フィルムは大変薄く、商品のパッケージデザインに影響を及ぼすようなこともないので、現在では、多くの商品に採用されています。このようなタイプの包装が登場したことによって、消費者は安心して商品を購入することができるようになったともいえます。薄くて透明な膜のような包装は、それが新品であることの証明にもなっているようなものです。いったん開封してしまうと、元通りにするのは困難な場合がほとんどです。

食品の場合には、そういったことが安心にも直結しますし、逆に、包装が破損している場合には、品質に不安を感じるということにもなってしまいます。もちろん、薄い素材でできていることが多いために、誤って破損してしまうこともあるでしょう。そのような場合には、店側でも、包装が破損しているために、通常より安く販売するという手段をとっているところもあるようです。このように、フィルム包装がもたらすものは、安心感や信頼性など、とても大きなものになっているといえそうです。

baby_yubi_syaburi

食品以外にも、たとえば、赤ちゃん用の衣類などにも、こうした包装がされている場合もありますが、そのような際には、袋にはっきりと袋を開封しないようにという注意書きがされていることもあります。特に、新生児用の商品については、外部の汚染物質から、極力、赤ちゃんを守りたいと思うのが親心ともいえます。実際、勝手に袋を開けられて、中身を取り出されてしまっては、衛生的にも問題があるかもしれません。ですから、商品を売る側も、消費者の立場に立って商品包装について考えていく必要があるのです。

 

food_konbini_onigiri

商品については、パッケージデザインが商品の売れ行きを左右するというケースも多く見られます。たとえ、どんなに素晴らしい商品であっても、パッケージがその商品の魅力を十分に表現していなかったりする場合には、消費者の購買意欲は高まらないということにもつながってしまいます。たとえば、とても美味しいお味噌汁でも、コーヒーカップで飲んだとしたら、その美味しさは十分に感じないことでしょう。反対に、美味しいコーヒーをお椀に入れて飲んだとしても、美味しいと感じないかもしれません。
ですから、商品には、それぞれにふさわしいパッケージデザインをすることがとても重要になってくるのです。薄くて透明な包装は、それだけでは商品の魅力を伝えるには十分といえないかもしれません。しかし、その商品にふさわしいパッケージデザインと合わさることによって、強力な力を発揮することにもなります。それは、安心と信頼性の向上です。ですから、このような包装技術は、多くの人々の不満や不安を受けて誕生したものですし、これからも進化していくことになるかもしれません。

recycle_mark

かつては、商品はリサイクルができるようなものに入れられて販売されていました。もしくは、家庭にある陶器製の容器などを持参して、量り売りなどを通して、自分の必要な分だけ、購入するということが主流であったようです。しかし、便利で手軽な包装が登場したことによって、包装容器などは使い捨ての傾向が強まってしまったという一面もあります。
最近では、リサイクルということが多くの人々の間にも浸透してきて、買い物する時には、使い捨てられるポリ袋を使うのではなく、何度も繰り返し使うことができる布製などの袋を持参したり、昔のように、量り売りで自分の希望する量だけを購入したりする人が増えてきています。しかし、薄くて透明な包装資材は、どうしてもリサイクルされることなく、そのままゴミとなってしまうこともあるかもしれませんから、少しでも資源を大切にしていきたいものです。

 


共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。


  1. TOP
  2. ブログ・コラム
  3. デザインコラム
  4. フィルム包装パッケージが生んだ安心と安全について