ペットボトル(飲料パッケージ)の進化・歴史について

ペットボトルの歴史について

私たちは毎日、何本ものペットボトルを手にします。コンビニやスーパーマーケットディスカウントショップでは箱ごと購入することもあります。ペットボトルといえば、何年か前までは、500ミリリットルのペットボトルが主流でした。家庭用では、炭酸飲料が丸型のペットボトルで1.5リットル、お茶や水が2リットルと、誰からも教えられたわけでなくてもそれが当たり前だと思っていました。

しかし、最近では、1リットルや650ミリリットルのペットボトルや炭酸飲料なのに2リットルのものが登場してきました。

ペットボトル

現在、ペットボトルにはさまざまな容量の容器があります。また、ある飲料水では飲み干した後、潰して蓋をしめてそのままゴミ箱へ〜と今までの私たちの常識を覆す商品が登場したのも記憶に新しいところです。

昔のペットボトルは硬く、それに張り付けられたラベルをはがすのにも一苦労しました。ボトルとキャップそしてフタを仕分けしてゴミ箱に入れるのが当たり前ですが、今のペットボトルにはそういった私たちの習慣に苦労することなく作られています。飲料各メーカーの試行錯誤が日進月歩で今もなお続けていくため、今後も新しい新商品が毎日のように登場してくることでしょう。

そもそも、今では当たり前となったペットボトルですが、ペットボトルが登場し、市場に出回ったことでさえ昔の人たちは驚いたことではないでしょうか?ビンで栓を抜いて炭酸飲料を飲むもしくは、缶というのが当たり前だったと思います。

ice_petbottle

それが、ペットボトルという容器が開発され、はじめて手にした時の喜びというのはどうだったのだろうかと思うと少しおかしく感じます。このように商品包装(パッケージ)の進化というのは、飲料業界だけを見てもすさまじい勢いで日々進化し続けています。

それは、商品の中身の一番大事な「味」とはまた別の大きな企業努力といえます。企業が商品を売るためには、味などの商品の中身に重点を置いているはずですが、これほどまでに飲み物の包装について、私たち消費者がより便利に処理できるようにと、飲み干した後のことを考えて作られているのには大変関心します。

商品を売るためには、商品の中身=味ですから、その開発は私たち消費者が求めるものを企業が日々調査し、また、栄養素などの点でも研究開発しているのは当然なことだと思います。そこで、商品を売るためにもう一つ大事なのは、これは飲料業界に限ったことではないと思いますが、そのパッケージのデザインです。パッケージデザインだけで、中の味が分からないまま私たちは買うことがあります。パケ買いというやつです。

shopping_cart_woman

その時点で私たちは、パッケージをデザインした担当チームの戦略にまんまとハマっているわけですが、商品を売る側の企業としては思惑通りという所ではないでしょうか。商品の売り上げをあげるために必要なのは、まずは中身より外見です。新発売の商品の味は、どの消費者も知りえませんから、パッケージを見て購入するほか無いからです。そして初めて、中身の味を知るわけです。味に関しては、各メーカーは自信を持って商品を製造しているはずですから、コンビニやスーパー、ディスカウントショップでお客様がカゴに入れるまでが大変なのです。

そのデザインも多種多様です。今コンビニに行くと、数十種類の飲料水があります。それも、お茶や水、炭酸飲料や、果汁ジュースなど、ひとつのカテゴリーだけで数十種類もあるのです。私たちは、朝、コンビニにより、コーヒーがほしいと思っても缶なのか、ペットボトルなのか、はたまた紙パックなのか、そこから選ばなければならないほど、無数に選択肢があります。

消費者側からしたら、朝、目覚めの一杯にブラックのコーヒーがほしいと思っているだけかもしれませんが、飲料メーカーはその数十種類もあるライバルなかから、自分たちのメーカーのコーヒーを選んでもらわなければならないという激戦状態です。

sensou_senjou

ボトルの形状や味はもちろんのこと、パッケージデザイン、またはラベルデザインに勝負をかけているというのがわかります。そのために、飲料メーカーのデザイン担当者は、私たち消費者を日ごろから調査し、マーケティングに力を注入していることだと思われます。新商品を担当したデザインチームに携わった人や、ボトルの形状や材質の開発に携わった人、あらゆる各部署が力を合わせてひとつの新商品を開発するのでしょうから、ひとつの新商品の発売日は、激戦状態の飲料業界の中で勝つか負けるかの新たな火種の投入日と言えるでしょう。

boueki_tairitsu_business

私たちは、毎日、何気なく手に取り、飲み、ゴミ箱へと、無限ループのように繰り返している作業ですが、こういった各メーカーの企業努力の上で、品質、パッケージ、ラベル、容器、すべての点で進化した飲料商品を手にしているのです。

 


共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。


  1. TOP
  2. ブログ・コラム
  3. デザインコラム
  4. ペットボトル(飲料パッケージ)の進化・歴史について