Category

デザインインスピレーション

ファッション雑誌ではおなじみのマリンテイスト。アパレルなら青色系統のカラーリングや、ボーダーなどライン使いが連想されます。また、錨やヨット、貝殻など海を感じさせるモチーフをワンポイントに用いることも。定番人気のスタイルと

Read More

4kディスプレイなど高解像度のモニタが普及した現代、ドット絵はレトロな雰囲気を感じさせてくれます。パックマンやマリオなどもともとドット絵で描かれた姿が世に広まったキャラクターも多く、ゲームのグラフィックというイメージを持

Read More

パッケージデザインにおいて、紐はいくつかの用途が考えられます。包装を閉じる綴り紐のように実用的なもの、デコレーションとしてのリボンなどです。シンプルなパッケージでも、紐を結ぶだけで印象がガラッと変わります。サテンリボン、

Read More

商品や箱の形を視覚要素としてレイアウトすることで、購入者に新鮮な驚きを与えてくれるパッケージがあります。商品自体の形の特徴を面白おかしくレイアウトしたり、他のものに例えたりと、ユーモアのセンスが付加価値となって訴求力を高

Read More

色彩計画において、補色は強い訴求力を持つ組み合わせとして紹介されます。「赤」と「緑」、「黄色」と「紫」など、色相環で対極に位置する色合いのことを言い、一番遠い位置にあり全く異なる色相のため色味のコントラストが強調されます

Read More

世界には様々な文様があり、それぞれの土地に根付いた美意識や環境、歴史を伝えてくれます。古代文明の文様はその中でもプリミティブで、人間の基本的な欲求や美しさへの興味、表現性の芽生えを感じさせてくれるものです。また、その地域

Read More

パッケージの多くは、購入の決め手になることを目標に、つまりはこれから購入してくれるかもしれない人へのピーアールとして形作られます。正確な情報や風味のイメージ、価格感など伝えるべきことはたくさんあります。しかしながら、ユニ

Read More

ガラスやフィルムなど透明素材、また和紙や乳白色の樹脂を使ったパッケージデザインでは、半透明の表現が可能です。透明な素材に関してはサンドブラスト加工のように表面に傷をつけてすりガラスにしたり、透明な塗料を吹き付けてすりガラ

Read More

鳥は世界中で古くから意匠にされてきたモチーフです。しかしながらその扱われ方は様々で、「神の使い」として凛とした厳かな姿で描かれることもあれば、可愛らしい小鳥としてファンシーなモチーフにされることもあります。鳥の種類や色合

Read More

かつて、デザイン専攻の学生やデザイナーは絵の具でいかに滑らかなグラデーションを作るかに腐心したものでしたが、現在では気軽にデジタルで好きなグラデーションを作成できるようになりました。この技術的な変化は、明度軸・色相軸・彩

Read More

不思議な形は目を引き、記憶に残ります。時間が経って後日に同じ形を見た時には「あの時のボトルだ」と思い出されてより強く心に残ることでしょう。色や商品名など、ブランディングのためのデザイン要素は多々ありますが、形で個性をアピ

Read More

建物はその土地の文化を端的に示すアイコンになります。民家なのか集合住宅か、工場なのかビルなのかなど、描かれる建物により受け取る印象は大きく変わります。また、直線が多用される建築物ならではの特徴は、シンプルなグラフィック要

Read More