Category

デザインインスピレーション

斜め方向に走る平行位置にある直線の集まりをバイアスパターンと呼びます。ストライプやボーダーを斜めにしたものです。馴染みのある縞模様の中でも、スタイリッシュでアクティブな雰囲気を添えてくれる模様と言えるでしょう。太い幅であ

Read More

文字は情報でありグラフィック要素でもあります。文字をイラストや画像としてあしらうことができます。たくさんの文字をまとめて全面に配置すれば、背景としてイラストと同じような効果を持たせることができるでしょう。ここでは文字をぎ

Read More

数字をメインの要素としてデザインしたパッケージがあります。ボディケア商品のラインなど、異なるアイテムをいくつか含むブランドにそれぞれ数字を割り振りブランディングの一環としたり、ワインの製造年やチョコレートのカカオ含有量な

Read More

手形をグラフィック要素としてデザインしたユニークなパッケージがあります。使う人の手でしょうか、手形が商品にあしらわれているだけで、手に持ったときの重さや質感を連想させます。実物大の手形には親しみやすさを感じさせるアナログ

Read More

生鮮食品の包装には様々な制約がつきまといます。中身の食品を傷つけないこと、鮮度保持をサポートすること、清潔感があること、落としにくく持ち運びしやすいことなど。痛みやすい食品を大切に持ち運びつつ、美味しさをアピールすること

Read More

均等にバランスが取れた絵柄は、「均整」「堂々とした」「王道」を感じさせてくれます。一つの対称図形であれば、幾何学的な美しさが感じられますし、複数の図形を鏡写しにしたものであれば、要素のリピートがリズムを生みます。ロゴにお

Read More

背景色の選択はパッケージ全体の印象に関わる重要なポイントです。色から伝わる感情を真っ先に伝える部分になるでしょう。ここでは背景を半分ずつ2色で分割したパッケージを集めました。選んだ2色それぞれの持つ色の印象、画面をダイナ

Read More

商品を包む直接の包装というと、外箱や、ボトルや瓶であればラベルなどが思いつきますが、そうした商品をさらに包む外袋のデザインもまたデザイナーがユーザーに商品やブランドの良さをアピールする場になります。また、購入後に街中を歩

Read More

真面目な雰囲気と人を笑わせるユーモアは正反対のものでしょうか?いえいえ、真面目なものだからこそ可笑しさを与えてくれることもあります。医療行為は生命のかかった真剣な行いです。そこから縁遠い日用品や嗜好品にあたかも医療品のよ

Read More

紙やフィルムなど薄い素材は平面的な表現はもちろん、加工によって立体としての表現が可能です。折ることで強度を増したり、伸縮性を手に入れたりと、用途によってその可能性は様々。面白い形自体が洗練されたデザインとして評価を得るも

Read More

パッケージの形状は機能と見た目の美しさの両方に影響します。どっしりとした安定感のある横長の形状は陳列に場所をとりますが転びにくく、安定したイメージをもたらすでしょう。逆に縦に長いスリムな形状は、倒れやすいというデメリット

Read More

赤と黒というカラーリングからは何が連想されるでしょうか。赤色は血や炎の色であることから本能的に「危険」を感じさせる、他の色よりも目を引き、強い印象を残させる色です。「情熱」「興奮」と言ったプラスのイメージと「怒り」「危険

Read More