クレンジングの透明感のある商品パッケージデザインを制作しました。

クレンジングローションのブルーを基調とした爽やかなパッケージデザインです。

外側の紙箱とボトルの両方のデザインを制作しました。アクアというネーミングを瞬時にリンクするような、美しい青を中心とした上品なパッケージに仕上げました。

aqua_B 2

透明感のあるクレンジングのパッケージ

制作デザインに対する感想 

アクアというコンセプトがしっかり確立されているデザインだと思いました。

「女性にとっては欠かせないクレンジングですが、やはり肌に優しいというイメージや、肌に潤いを与えるというイメージができるようなパッケージデザインが最適だと言えます。このパッケージデザインは、このようなイメージにピッタリになっていると言えるでしょう。箱は水色と白が用いられているので、透き通るような肌や潤いを与えてくれるようなイメージがわきますし、ボトルの方も水分をイメージしているように作成されているため、特に乾燥肌で悩んでいる人の目に留まりそうな気がします。
ボトルの方は水が流れているような感じで作成されているので、躍動感があります。文字の上に王冠が描かれていることで、気軽に購入できるというだけではなく、高級ブランドのような感じも出ていると言えるでしょう。女性が化粧を落とすために使用するのがクレンジングなので、水とは切っても切り離せないと言っても過言ではありません。だからこそボトルの方も、箱の方も水色にこだわったのではないかと思います。」

透明感が素晴らしいパッケージだと思います。

「化粧をとるために必要なクレンジングオイルは、その性質上、透明感があるとすごく心が惹かれます。ありのままの自分イコール透明感につながる人は多いと思うのです。その点においてこのデザインは正解だなと感じます。ボトル自体のデザインがとても良いので、人に見せても恥ずかしくはないです。たまに製品が良くてもデザインで違和感を持つものがありますが、これにはそれがなく、おしゃれな感じがします。このボトルを一目見て感じるのは清涼感です、底が見える程に透明度の高い泉のような印象すら受けます。けれど細やかに配色は考えられていて、水色だけという単調さはないです。
特に箱のうっすらと白く描かれている白い葉のようなデザインは、浮き上がりそうな水色をわずかに沈めて、落ち着いた印象を見る人にもたらします。今度はボトルを見てみると、全体的に角々しい印象はなく、特に底のラインにかけて見える丸みは、水の持つ、不定形の柔らかさにつながる感じがします。またボトルにはきちんと大きく商品名が印字さていて、見たものにこの商品であるという伝わり、わかりやすいです。文字は真正面から書かれているので、宿泊先に持って行って、他の人のクレンジングオイルと間違うことはないだろうと感じます。
このボトルとボックスを持ち運ぶことで、あるがままの自分というものを演出が出来ます。持つもので、その人の印象は大きく変えるのですが、このパッケージデザインに呼び起こす水の清浄さと何も余分なものは入っていないというイメージは、人に素直さ、ありのままという印象を与えられると思います。20代から30代の女性がよく持ちそうですが、もっと高い年齢の女性の方が持っていてもいいと思います。このデザインなら、年を取るにつれて地味になりやすい化粧品まわりのなかでひと際目を引きます。若さを意識したり、若さをアピールしたいと思っている妙齢の方が持っていてもおかしくはないです。」

 

パッケージデザイン制作料金のページへ