リキッドソープのナチュラルなボトルデザインを制作しました。

オーガニックな雰囲気を感じさせる液体石鹸のボトルデザインです。

市販のリキッドソープは比較的、淡いピンクやブルーの配色のものを見かけますが、今回はブラウンを全体に使用し、落ち着きとナチュラルさを演出しています。肌に直接使用するものは拘りたいという、潜在的なニーズに応える商品にマッチしたパッケージデザインに仕上げました。

石けんのパッケージデザイン

制作デザインに対する感想 

肌に良さそうだということが、パッケージデザインと色から伝わります。

「石けんのパッケージデザインはいろいろな場所で見かけることが多いのですが、この場合には少し銀色のような感じを出した白のボトルになっています。文字や絵は茶色で書かれているのですが、一般的によく見かけるリキッドソープの場合には、ボトルがピンク色や水色になっていることが多いでしょう。もちろんこのような色がないというわけではありませんが、とても自然な感じが出ていますし、高級な感じも出ていると言えます。通常はボトルの色とは別の色を使って文字を書くことが多いのに対してこのデザインは、文字の部分だけ背景を変えて、文字はボトルと同じ色を用いているという珍しい方法で描かれています。下の方には植物の絵が書かれていることで、自然由来の肌によい成分を使っているのではと連想させてくれます。リキッドソープは肌に使用する製品なので、このように自然由来の肌によい成分が使われているのではと思ってもらえるということは、直接売り上げに繋がってくると言っても過言ではありません。」

家に置いて、主張しすぎないパッケージデザインは、好印象です。

「自然由来の石鹸(ソープ)というと、派手派手しい色を使うよりは、自然をイメージしたものをデザインしたり、もしくは色も穏やかな印象を受けるものが良いのではないかなと思うのですが、このデザインはそのイメージにぴったりときて、とても印象がいいです。 風に舞うように広がる花びらや、植物が伸びる様子が、とても自然っぽく、それでいてさりげなく出ていて、商品のイメージがぐんと良くなります。イラストが一つなので、とてもよく眼にはいります。
また商品名の下にある色も、ナチュラルな感じがして、文字の形もごてごてしさを感じないので、非常にスマートな印象すら感じます。またシンプルさが追求されたデザインは逆に地味になってしまうという難点があると思うのですが、これは目立つべき場所には背景をいれたり、商品をぱっと見たときの人の視線の動きを考えて、隅にいれたりとして、工夫がよくきいていて、好感をもつことができますね。家のどこに置いても、馴染みそうなデザインをしています。個性がなく、まわりのものに埋没しているのではなく、一つとして個の主張をしていながら、まわりのものと調和がとれそうだと思います。部屋に置いてもお風呂場においても違和感がないって希有なデザインだと感じます。」

 

瓶・ボトルパッケージデザイン制作料金のページへ