サロン販売用ヘアスプレーのボトルデザインを制作しました。

携帯できるヘアスプレーのお洒落なボトルデザインです。

主にサロン経由での販売を想定したヘアグロススプレーです。持ち運んでも、家に置いていても、邪魔にならないようなデザイン、持っていて気分が上がるようなデザインになるよう心がけて制作しました。

コスメのボトルデザイン

制作デザインに対する感想 

携帯することも考えてデザインされたパッケージデザインだと思います。

「サロンや百貨店、大型のスーパーなどにもよく置かれているヘアスプレーですが、ボトルにいろいろなデザインが施されています。このヘアスプレーも王冠のマークとブランド名が記載されているのですが、基本的にヘアスプレーはブランド名を大きく記載し、シンボルとなるマークを記載するだけのシンプルな感じが定番となっています。あまり派手にしてしまうと、このような商品は購入しづらくなってしまうことから、このようにシンプルに作成することが多いのでしょう。
しかし、この場合はサロンで販売されている商品ですし、シンプルながらどこか気品を感じるように作成されています。薄い紫色に、濃い紫色でブランド名やマークを描くというのも斬新な感じがします。ボトルの色もただ薄い紫色になっているというだけではなく、ブランド名やマークの周りに花の絵が記載されていることから、高級感を引き出していると言えるでしょう。女性らしくしなやかで優しい感じも出ています。」

ちょっと高級感のあるボトルデザインが、他と差別化できているように感じました。

「ヘアスプレーと言うとはっきりとした色合いで、店頭で売られていると、とてもよく目立つと思ってしまうのですが、このヘアスプレーのボトルデザインは柔らかい紫色で、柔らかで上品な高貴さを感じて、ドラッグストアなどの店頭だけではなく、髪のケアをメインで行う美容院や美容グッズがおけるお店にも置くことも可能だと思います。また女性が好むことが多い、王冠があるのも、いいと思います。ただのヘアスプレーではない上流感を感じさせます。本当に、どこへでも持ってきたいと思うパッケージデザインだと思います。というのも、鞄の中身の雰囲気を統一するときに、派手な色合いが多いヘアスプレーって場違いな感じがして、持ち運びしづらいんですよね。髪にかけたいと思ったとき、あまり安っぽさが感じるデザインだと気分が盛り下がってしまいます。でもこのデザインだと全体的に大人の雰囲気を漂わせつつも、どんなデザインでも合わせること出来そうな感じがして、持ち運びがしやすいです。
また背景の紫は単純に紫色をしているだけでなく、模様がついているので、パッケージデザインに深みを与えていると思います。キャップは光沢のある黒をつかっていて、思わず感心してしまいます。もしここで、キャップを淡い色を使ってしまったら、ぼんやりとした印象になってしまいそうですが、黒で引き締めているので、見ていて非常にすっきりとした印象を受けます。」

 

瓶・ボトルパッケージデザイン制作料金のページへ